烏森口の女王





このページについて
気球と通信

Top || タイトル一覧 || 新しい10件 << 記事一括表示 >> 古い10件 || 新規投稿


4314 2021-02-21 07:02:22 佐々木
会話。

2月21日(日) 快晴

暖房の風にあおられる文。

------------------------------------

静かだけど猫はどうしているかしらと
部屋をのぞくと2匹ともベッドの上に居て、
なみすけはよく眠っていて
文は本当は遊びたいのだが
誰も付き合わないのでしょうがなくて
寝ているような雰囲気を出している。
私と目が合ってそわそわと起き上がった文が
「キャキャ」「キュッ?」と鳴き始めたのに
薄目を開けたなみすけが一声低く「ぐるっ」と鳴いて
また目を閉じたのは絶対「うるせえ」って言ったよね。

明日から数日札幌に行きます。


4313 2021-02-20 07:24:40 佐々木
高いところ。

2月20日(土) 快晴

見下ろすなみすけと
伸び上がる文の前脚。

------------------------------------

なみすけが3階に猫草を食べに行くと
当然文も付いて来る。
小競り合いをした後で軽やかな跳躍を決めて
90cmほどの高さの収納の上に移動したなみすけは
「来られるもんなら来てみろ」と文を見下ろす。
文はからだはもう十分大きいんだけど、
高いところに飛び乗るのが苦手なのは
アシの裏に毛がはみ出していて滑るからだと思います。


4312 2021-02-19 07:07:29 佐々木
警告。

2月19日(金) 快晴

「ディゲム君を置いていきやがった」

------------------------------------

文もふとんの上で寝てもいいと
なみすけは不承不承ながら譲ったのである。
ベッドの頭の方がなみすけで
足の方が文が寝る場所。
しかしちんまりと丸まるなみすけに対して
アシも尻尾も伸ばせるだけ伸ばして
時には腹を上にして自由なポーズで眠る文。
なみすけがすっくと立ち上がって文に近付いて、
アシや尻尾の匂いをちょっとかいで
「ブシャ!」と短く威嚇するのは
「こっちの領地にはみ出してる」という
なみすけの文への警告です。


4311 2021-02-18 07:24:49 佐々木
そろそろ。

2月18日(木) 快晴

文の食べる量が落ち着いてきている。
これまで出した餌はすぐに全部食べ切って
「文はまだ食べられますよ!
もっと食べる実力がありますよ!」と
アピールして来た文ですが、
最近は餌を出してもそのへんで転がって遊んでいて
すぐにはやって来なかったり
余裕を見せて少し残して後で食べたり。
体重は5.9kgから6.0kgくらい、
サイエンス・ダイエットの1-6歳用のドライフードの
体重6kgに対する1日の目安は80gで
だいたいそのくらい食べている。
そろそろ大人の猫になるのかな。


4310 2021-02-17 07:23:17 佐々木
3回も4回も。

2月17日(水) 快晴

「ごちそうさまでした」と夫が立ち上がる。
「おそまつさまでした」と返事をして
一緒にキッチンに食器を運んで、
「ごちそうさまでした」と部屋に戻ろうとする夫に
「ビールを冷やしておいた方がいいのでは」と
食器を洗いながら声をかけると
「おお」と地下の収納庫へ行ってビールを持って戻って来て
冷蔵庫の一番上の段に入れて
「出来た。ごちそうさまでした」と言う。
文がまだ残っていたらしばらくカシャぶんで遊んでやって
「ヨシ、もう上に行こうかー。ごちそうさまでした」と言って
文を抱き上げて今度は本当に戻って行く。
夫は自分が3回も4回もごちそうさまを言っている事に
多分気付いていないと思います。


4309 2021-02-16 07:17:44 佐々木
取って来る文。

2月16日(火) 快晴

ディゲム君を拾ってやって
「ほーら行くよー」と遠くに投げたのと同時に
文がスタート地点で滑って転んでひっくり返ったので
驚いて思わず息を吸い込んだが
「もたっ」と起き上がってリスタートした文は
ディゲム君を取りに行ってくわえて小走りに戻って来た。
文は全然気にしていないようだったけど、
もしこれが自然界だったら獲物はとっくに
逃げて見えなくなっていたなと思った。


4308 2021-02-15 06:59:35 佐々木
一昨日の地震。

2月15日(月) 雨

13日の夜はベッドに入った頃に揺れが来て
(杉並区は震度4でした)、
なみすけがふとんの上で起き上がったので
素早く身柄を確保してTVをつけて速報を見て
地下室から出て階段を上がって来た夫に
文(夜間はケージに入っている)の様子を
見に行ってもらうように言って、
私も後から行って夫に「文はどうです」と聞くと
「ぴくりとも動かずにぷるぷる震えてる」との返事で
それは不可能だと思うが言いたい事はわかった。
大丈夫だよと言って文を撫でてやったけど
文は地震が怖い猫だという事がわかったので
どちらかがもっと早く行ってやれればよかったな。
夫と地震のときの猫の安全確保の
分担について話し合いました。


4307 2021-02-14 06:54:52 佐々木
扉の向こう。

2月14日(日) 快晴

部屋を出て扉を閉め直してから
写真を撮りました。

録画しておいたドラマを見終わって
部屋を出ようとしたら引き戸が重い。
ずずずと開けて廊下に出たら
扉の向こう側で文がぎゅうぎゅうと体重をかけていて
しかも開けたときに敷居のレールに
ちょっと毛を巻き込まれたけど
文は気にしていませんよ。さあディゲム君を投げてください。


4306 2021-02-13 07:22:45 佐々木
悪と並。

2月13日(土) 快晴

何かやらかした文を追いかけて走って降りて来た夫が
「悪い猫はどこに居る!文は!悪い猫!」と言いながら
階段で文を捕まえて抱き上げて
もさもさとした首毛に顔を突っ込んでいるうちに
叱っていた事をすっかり忘れて楽しくなって続けて
「並の猫は居ますか!なみすけは!並の猫!」と
変な歌を歌いながら私の部屋にやって来て
眠っていたなみすけを撫でて起こした。
なみすけは大変迷惑そうでした。


4305 2021-02-12 07:22:54 佐々木
休日の夕方から夜。

2月12日(金) 晴

「そろそろ下に行こうかな。
私が晩御飯作るところ見に来る?」と
なみすけに声をかけて立ち上がる。
気が向くとなみすけもついて来る。
居間のテーブルまで行って振り向くので
暖房の方向を変えてやると
なみすけが椅子に飛び乗って、
お互いにもう決まった静かな手順である。

「夕飯にしましょうー」と声をかけると
鼻歌を歌いながら降りて来た夫が
「あっなみすけ俺の椅子に座ってる。どいてー。
どいてくださーい」と言い始めて
少し遅れて鳴きながら小走りに現れた文が
伸びの流れで床に倒れ伏して
なみすけが各方面に向かって文句を言い出して
場がにわかに騒がしくなる。
全員早く定位置についてください。
夫はビールを出してください。


Top || タイトル一覧 || 新しい10件 << 記事一括表示 >> 古い10件 || 新規投稿



携帯用サイト

管理ページ